アイロン台のカバーを手作りしてみました 簡単な作り方を紹介

シェアする

いつも小物の撮影に使っている台ですが実はアイロン台です。

DSC_0400

前に使っていたカバーに焦げたような跡がついていて汚かったので作り変えてみました。

本当はダマスク柄にしたかったのですが手芸屋さんに行ってもなかったのでストライプ柄にしてみました。

スポンサーリンク

作り方

かなり大雑把な説明ですが興味のある人は作ってみてください。

  1. 元のカバーを外してひもやゴムを取り平らな状態にする
  2. 平らになったカバーを型紙にして縫い代を5~6cmほど取る
  3. チャコペンで印をつけて布を裁断する
  4. 布の端にバイアステープが袋状になるように付けて仮縫い
  5. 端を押さえながら慎重にミシンをかける
  6. バイアステープにひもを通す
  7. アイロン台にかぶせてひもをギュっときつく結んだら出来上がり

ネットで調べるといろんな方が作られていたので参考にさせていただきました。

ゴムよりひもの方がぴったりフィットするのでオススメです。

2~3時間で完成しました。

手芸の得意な方ならもっと早くできると思います。

台は古いのにカバーを変えただけで新品のようになったので、うれしくなりました。

自分の気に入った布で作ると愛着がわきますね。

今後のアイロンがけが楽しくなりそうです♪

こちらもどうぞ(妹のブログです)

あさイチでやっていたワイシャツのアイロン掛けをやってみた!かけ方の難しい点・ポイントとは? 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする