アダルトチルドレン治療 札幌でカウンセリングを受けた効果と感想 

シェアする

前回の記事(子供の頃の記憶がない!?アダルトチルドレンの特徴と診断)でお伝えした通り、私は10年ほど前に自分がアダルトチルドレンであることを知りました。

今回は克服の第一歩を踏み出したカウンセリングに行った時のことをお話しようと思います。

スポンサーリンク

カウンセリングに行こうと思ったきっかけ

当時の私は恋愛がうまくいかなかったり結婚までたどりつかないのはアダルトチルドレンも関係あるのではないかと思い始めた頃でした。

本やネットでいろいろ調べたところ小さい頃の母親との関係が恋愛や結婚に影響を及ぼし回復に向かうためにはカウンセリングが効果的ということがわかりました。

私には同じように家族の問題で悩むRちゃんという友達がいるのですが、彼女もアダルトチルドレンを克服するために試行錯誤していました。

前にカウンセリングに行ってきたという話を聞いていたのでRちゃんから情報を仕入れました。

カウンセラーさんとの相性もあるのでRちゃんに合っていても私に合うとは限りませんが行動しないと何も変わらないので行ってみることにしました。

カウンセリングに行ってみる

電話で予約してから2週間後くらいに行ったのですが、そのカウンセリングルームはマンションの一室にありました。

慣れないことで緊張していましたが出迎えてくれたカウンセラーさんが優しそうな女性だったので安心しました。

カウンセリングの流れの説明を受け、お茶をいただきながら軽く世間話をしました。

カウンセラーさんも昔アダルトチルドレンだったそうです。

「自分と同じように辛い思いをしてほしくない」という気持ちからカウンセリングを始めたそうです。

医師の資格などもなく個人でカウンセラーになろうと決意できるのはすごいことだなと思いました。

これからも悩める人たちをたくさん救っていただきたいです。

カウンセリングの内容

カウンセリングシートに記入する(30分)

まず最初にカウンセリングシートに記入をしていきます。

病院の問診表のようなものです。

住所、氏名、年齢の他、家族構成、このカウンセリングをどこで知ったのか、小さい頃はどんな子どもだったのか、現在の悩み、相談したい内容、今後どうなっていきたいのかなどです。

いろいろ考えて書くうちに自分の考えも整理されてくる気がしました。

カウンセリング(1時間)

カウンセリングシートをもとにカウンセリングをしていきます。

人の意識には目に見える顕在意識と見えない潜在意識があり、表面に出てきていない潜在意識を引き出していくのが、このカウンセリングの目的です。

心の奥をのぞいていくと、まず最初に恐れや悲しみが出てきて、その次に怒り、最後に許しと感謝という感じで段階があるそうです。

すぐに良くなるわけではなく少しずつ回復するイメージです。

私はまだ怒りの気持ちが出てきていないことがわかり驚きました。

親に対して腹を立てていたつもりでしたが、まだ感情を完全に出し切れていないのかもしれません。

カウンセラーさんから「今までよく頑張ってきましたね。」という言葉をかけていただき、自然と涙が出て閉ざされた心が開きました。

共感してもらえた嬉しさからホッとしたような感覚がありました。

泣こうと思ったわけでもなく涙が出たので本当に驚きました。

自分の中にいる本当の自分(インナーチャイルド)が反応しているとのことです。

今までにない本当に不思議な体験でした。

催眠療法(1時間)

カウンセリングの後は催眠療法に入ります。

一度、親と直接話し合うのが回復への近道らしいのですが親がアダルトチルドレンの場合もあり、間に誰かが入らないと難しい状況なので催眠療法で疑似体験するとのことでした。

リクライニングソファーで横になって落ち着きます。

まずは深呼吸です。

アダルトチルドレンは呼吸が浅く、深い呼吸が苦手な人が多いそうです。

3秒カウントしてカウンセラーさんの語りかけで過去にさかのぼっていきます。

幼児期、小学校、中学・高校・大学、そして現在。

カウンセリングシートをもとに場面の状況を設定して親との対話を想像していきます。

カウンセラーさんの語りかけに沿って進行していきます。

催眠療法といっても本当に眠るわけではなく意識もありますし声も聞こえます。

穏やかで心地よい時間が流れていきます。

忙しくて構ってもらえなかった場面をスキンシップのある穏やかな関係に。

いろいろ否定されてきた言葉を愛のある言葉に。

疑似体験することでトラウマが取り除かれていきます。

自分で過去を創造するような感覚です。

最後に「お母さん、ありがとう。」という言葉で締めくくるのですが、言葉が詰まってなかなか出てきません。

顕在意識の私は声を出そうとしているのに潜在意識の私がそうさせてくれません。

結局時間切れで「ありがとう。」の言葉は言えずじまいでした。

3秒カウントして現実の世界に戻ります。

カウンセラーさんとお話

実際やってみてどうだったか感想を話します。

カウンセラーさんに言葉が出てこなくて困ったことを話すと、まだ自分の気持ちがそこまで追いついていない状況で少しずつ良くなるので大丈夫と言われたので安心しました。

もっと深い悩みを抱えている人は体が硬直して動かなくなるそうです。

心と体はつながっているんですね。

最後に会計をして終わります。

10年くらい前だったので料金は今より安く、はっきりとした金額は覚えていないのですが2時間半で1万円もかからない感じだったと思います。

カウンセリングの効果・感想

家に帰った後は疲れたのか眠気や体のだるさがありました。

施術の後に起こる「好転反応」が出てきたのかもしれません。

カウンセラーさんからそのような症状が出ることがあると聞いていたのですが本当にその通りでした。

水を飲んでゆっくり休んでと言われていたので、そのように過ごしたところ次の日は大丈夫でした。

その後の生活でハッキリ変わったことはなかったのですが自分の気持ちを整理できたり今までにないような体験ができたので良かったです。

ちなみに2回目のカウンセリングでは「ありがとう。」が言えました。

このカウンセリングは回数が決まっておらず次回行くかどうかは自分で決められたので、これ以上行ってもキリがないと思い2回で行くのを止めました。

今回のカウンセリングではいろいろなことを学びました。

水を飲むこと、深呼吸が大切なこと。

特に水を飲むことは占いに行った時にも言われたことがあったので本当に重要なんだと思います。

そしてカウンセラーさんのように克服した経験を生かして人の役に立つ仕事ができるのは素晴らしいことだと思いました。

このブログも誰かの役に立つことができたらいいなと思います。

10年ほど前の体験なので多少記憶もあいまいですが、これからカウンセリングに行く人は参考にしてみてくださいね。

心療内科や精神科と比べてカウンセリングは割と行きやすいのでおすすめですよ。

こちらもどうぞ

自分を愛する方法 弱い自分もダメな自分も肯定しよう

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. スズキ より:

    こんにちは。
    札幌でのカウンセリングを探していてこの記事を読んだのですが、このカウンセリングはなんと言うところなんでしょうか?
    よければ教えて下さい。

    • HIRO より:

      のちほどメールにておしらせ致します。
      よろしくお願い致します。