恋愛・結婚がうまくいく 女らしさを大切にして愛される方法

シェアする

仕事ができて頑張っている女性ほど恋愛がうまくいかないのはなぜでしょうか。

今回はそんな謎を解き明かすスピリチュアル・カウンセラーみちよさんの「愛され女神に生まれ変わる方法」を紹介します。

著者のみちよさんは恋愛がうまくいかない女性を対象にした「女神塾」を開かれて毎週たくさんの女性を救っています。

みちよさん本人も昔は女性として生きることに抵抗があり悩んでいたそうです。

みちよさんから学び、自分を変えて幸せな女性になりましょう。

スポンサーリンク

人が恋愛をする理由

人はそれぞれ男らしさ・女らしさの比率が違っていて、そのバランスをとるために恋愛を経験し学んでいきます。

お互いの違いを理解し、認め、補い合うために男女は出会います。

恋愛の目的は「男性・女性として生きながら、お互いのエネルギーを循環させること」です。

男女の違いについて

お互い「何を考えているのかわからない」と感じることがよくあります。

男性は「見えるもの」を大切にします。

何かを作り、目に見える結果を出すことで男らしくなります。

女性は「見えないもの」を大切にします。

感情や感覚を大事にし、スピリチュアルなどに興味をもちます。

女性が男性に共感を求めても伝わらないことがよくあります。

それは男女が真逆の生き物だからです。

お互いの違いを知って受け入れたら必ず仲良くできます。

男性に好かれるコツは「感情を素直に表現して自分を出すこと」です。

男性は感情表現が苦手なので、素直に表現できる女性を「うらやましい」「かわいいな」と感じるのです。

恋愛がうまくいかない理由

最近は女性でも感情を表現できない人が増えています。

恋愛がうまくいかない主な理由は両親の影響です。

今の30~40代の人たちは世間体を気にする親の影響で自分らしく生きられなくなっている人が多いです。

そして今の社会はまだ男性中心なので、女性が認められるには男らしく考え行動するしかありませんでした。

こうして女性が「オス化」した結果、男性から女性として見られなくなり恋愛・婚活がうまくいかなくなります。

自分らしく生きるためには

自分らしく生きられない人は親にありのままの自分を受け入れてもらえなかった人が多いです。

親に自己主張できなかった悲しみと怒りを本人にぶつけられず、あきらめて心にフタをしてしまいます。

抑えられた怒りと悲しみがある限り頑張っても良い方向には変わりません。

これを解決する方法は「悲しみと向き合うこと」です。

子どもの頃に感じた素直な思いを紙に書き出します。

愛されていないと感じたのは何も悪いことではありません。

愛を感じにくい環境に生まれた自分の強さを認めてほめてあげましょう。

気持ちを認めて出してあげることで怒りや悲しみが成仏し本当の自分が戻ります。

誰よりも自分自身を受け入れ、愛し、幸せにしてあげることで愛にあふれる男性にめぐり会います。

自分に正直に生きていると輝いて自然と周りから好かれます。

女性らしくあるためには

女性の本質は「受胎」という言葉があるように「受け取る」ことです。

とにかく何でも受け取ってみましょう。

ほめ言葉やお礼の言葉、人からの助けやプレゼント、男性からのデートやお誘い、親のスネ、街中のティッシュ、デパ地下の試食など、受け取れば受け取るほど愛が降ってきます。

受け取って豊かに愛にあふれた自分になることで自然とおすそ分けできるようになります。

そして感謝を笑顔や言葉や態度で伝えていきましょう。

自分で自分に与えるのもおすすめです。

ごほうびを我慢せずに与えて自分を喜ばせましょう。

マッサージやエステ、食べたいもの、きれいな洋服など自分を大切にして幸せな気持ちでいると本当の愛を引き寄せます。

逆に男性に尽くして与えると母親のようになってしまい、好意は持ってもらえますが愛される女にはなれないのです。

女性の自分の扱い方

内面

女性は自然にたとえると「海」であり水の本質を持っています。

感情が揺れるのは女性の本能なので嫌がらずに認めましょう。

そして定期的に感情の波を流しましょう。

カラオケ、温泉、岩盤浴、ランニングなどストレス発散はおすすめです。

中でも効果があるのは「泣くこと」です。

泣ける映画を用意しておいて感情が揺らいだ時に見て泣きましょう。

驚くほど気持ちが収まります。

外見

女性らしさが一番出る部分は体の末端です。

髪の毛、まつ毛、指、手足の爪、耳、足、首などをケアしましょう。

爪は色を塗らなくてもいいのでヤスリをかけてなめらかにしましょう。

まつ毛には美容液をつけて、かかとにはクリームを塗ります。

髪の毛に白髪があれば染めてツヤツヤにしておきましょう。

デートにはピアスやイヤリング、ネックレスをつけると女性らしさがアップします。

ポイントは自分が心地良くなれるかどうかです。

自分を大切にしているという気持ちがあると気分が安定し、女性であることに自信が出てきます。

洋服も自分がきれいに見える、気分が良くなるものを選びましょう。

おすすめワーク

女性のエネルギーがアップする方法を紹介します。

水をしっかり飲む・水場に行く

女性は水の性質を持っているので、いつでも飲めるように近くに置いておきましょう。

お茶やコーヒーではなく水を適量飲むようにします。

海・川・滝に行くのもおすすめです。

体も心も浄化されて潤います。

トイレを我慢しない

我慢しても何の得にもなりません。

我慢することで自分の体をいじめていることになります。

トイレが近いことは恥ずかしいことではありません。

自分の欲求に素直に従ってスッキリさせましょう。

花を飾る

花粉症の人は別ですが花が嫌いな人はめったにいないと思います。

女性らしさをアップさせるために部屋に花を飾りましょう。

花の持つエネルギーが緊張や不安などを癒します。

買うことができない時は生花店に立ち寄るだけでも効果があります。

満月ワーク

両手の親指と人差し指で三角形を作って、その中に満月を入れて3分くらい見つめます。

月のエネルギーを取り込むようにイメージし、指をそのままで子宮に当て「私は月のエネルギーを受け取りました。ありがとうございます。」と念じます。

このワークをやって数か月こなかった生理がきた人もいるみたいです。

月光浴は心にゆとりと安心感を生み出します。

体の五感を使う

五感を使うことで女性としての感性が磨かれます。

一番使いやすいのは「味覚」です。

お腹が空いた時はカロリーや値段を気にせずに素直に好きなものを食べましょう。

美味しいと感じると体が喜んでイキイキし女性らしさがアップします。

愛を受け取るワーク

その日に受け取った「いいこと」を手帳に書き出しましょう。

物などの目に見えるもの、言葉や気持ちなど目に見えないもの、両方を思い出して感謝します。

受け取る訓練をして大きな愛を受け取りましょう。

今までの人生のOKワーク

たとえ過去が辛かったとしても中にはたくさんの良いこともあったはずです。

今までの人生のOKポイントを書き出してみましょう。

どれだけ受け取ってきたかを知ることができ、感謝の気持ちが出てきます。

そして愛を自分の内側から感じてみてください。

自分が変わると世界が変わります。

この本を読んで思い当たる部分がたくさんありました。

「愛される女性になりたい」と願えば必ず叶えられる、「自分の幸せは自分以外には叶えられない」というフレーズが印象的でした。

女性である運命を受け入れて、無理に頑張らずに楽に幸せになりたいと思います。

こちらもどうぞ

ふんわりまろやか女子になるための方法と7つの心得

スポンサーリンク

シェアする

フォローする