みかんの皮の嬉しい美容効果とチョコレートダイエット

シェアする

2月7日・2月14日放送の「林先生が驚く初耳学」を見ました。

その中から美容に関する内容だけ紹介します。

スポンサーリンク

みかんは焼くと美容効果がアップする

みかんを焼いて食べるという考えが今までになかったです。

「焼きみかん」の作り方は簡単でオーブントースターに上下に焦げ目がつくようにしっかり焼くだけです。

美容効果が最も高いのは皮付きのまま食べることです。

ハライチの澤部さんが皮ごと試食していましたが「うまい!」と大絶賛でした。

苦味がなくて食べやすいそうです。

美容効果がアップするポイントは「β(ベータ)クリプトキサンチン」という成分です。

この成分はメラニン色素を押さえ込むのでシミやそばかすに効果があります。

みかんの果肉より皮のほうが3.5倍ほど多く含まれており、焼くことで皮から染み出した成分が果肉に移ります。

成分が果肉に入れば皮は捨ててしまっても効率良く摂ることができます。

女性には嬉しい成分ですね。

林先生は知っていて完璧に解説していました。

ここで焼きみかんの簡単アレンジ料理を紹介します。

焼きみかんと生姜のホットジュース

  1. みかんの果肉3個・みかんの皮1個・生姜5gを用意する
  2. ミキサーで混ぜて温める

焼きみかん入りサラダ

  1. みかんの果肉と皮をきざむ
  2. ベビーリーフ・ルッコラと混ぜる
  3. オリーブオイル・塩で味付け

美味しいフルーツの見分け方

高級フルーツ店「千疋屋」さん直伝のフルーツの見分け方を紹介します。

林先生も初耳の情報です。

美味しいみかんはヘタの切り口が小さい

ヘタの切り口が小さいみかんは細い枝で育った証拠です。

細い枝にはライバルとなる他の実が少ないので栄養分が多くいきわたり濃厚で美味しいみかんになるそうです。

美味しいイチゴはヘタが反り返っている

イチゴは収穫した瞬間が一番甘いので新鮮なものを選ぶことがポイントです。

新鮮なイチゴは水分が残っているためヘタが反り返っているので甘くて美味しい可能性が高いです。

チョコレートはダイエット効果が高い

アメリカの医学誌でチョコレートを食べる人ほど肥満指数が低いという研究発表があったそうです。

「チョコレートでダイエット」が当たり前になる時代が来るかもしれません。

そして今大人気なのが「ドクターズチョコレート」です。

全国の病院・クリニック・調剤薬局で採用されている、お医者さんおすすめのチョコです。

糖質・コレステロールがほぼゼロで血糖値を抑える効果が期待できるので、糖尿病の人でも食べることができます。

売り切れ続出だそうですよ。

しかしチョコレートダイエットにも意外な落とし穴があります。

ホワイトチョコレートはダイエット効果が期待できない

チョコレートはカカオ豆からできていますが作る段階でいろいろなチョコレートに分かれていきます。

ビターチョコレートには「カカオマス」、ホワイトチョコレートには「カカオバター」が使われています。

ダイエットの成分が入っているのはカカオマスのほうなので、カカオバターのみで作られたホワイトチョコレートにはダイエットの効果がないのです。

ここでパティシエの辻口博啓さん直伝の誰でも簡単に作れるチョコレシピを紹介します。

プロ級!絶品生チョコレシピ

  1. 生クリームに水あめを加え火にかけながら混ぜる
  2. 沸騰したらチョコレートに入れてかき混ぜる
  3. なめらかになったら型に入れて冷やす
  4. 仕上げにココアパウダーをかける

生クリームを4回くらいに分けて入れるのがポイントです。

少しずつ入れることで水分と油分がつながります。

手作りチョコ批判の林先生も納得の味でした。

みなさんもぜひ試してみてくださいね。

こちらもどうぞ

簡単お腹まわりダイエット 毎朝1分でウエストを細くする方法 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする