1,000万貯める方法とは?専業主婦から学ぶ5つの貯金のコツ

シェアする

「白熱ライブビビット ~ビビットFOCUS~」のコーナーを見ました。

テーマは「豊かに暮らしながら1,000万円貯める方法」です。

みなさんは「貯金1,000万円」と聞くとどう思いますか。

街行く人のインタビューでは「厳しい」という意見が多く一般人にはハードルが高いようです。

しかし主婦雑誌「サンキュ!」によると最近は1,000万円貯めるのがスタンダードになってきているそうです。

今回はどのようにして1,000万円貯めることができたのか実現した人を例にあげて、その秘訣を紹介します。

教えてくれるのはファイナンシャルプランナーの山口京子さんです。

スポンサーリンク

専業主婦namiさんの場合

東京在住で月の収入は32万円、住宅ローン35年の一軒家に4人暮らしです。

毎月コツコツ貯めて1,300万円の貯金に成功しました。

しかも無理な節約はしていません。

家の中の物は少ないです。

物が少ないと汚れることも掃除することもなく、壊れて買い替えることもないので結果的に節約になります。

家計簿を見せてもらったところ食費の安さに驚きました。

4人家族で4万5,000円です。

平均が7万6,000円なので3万円以上も安い計算になります。

普段の食事の写真を見せてもらいましたが切り詰めている様子もありません。

namiさんに充実した食事で食費が安い理由を教えてもらいました。

ストックを把握、ムダ買いをしない

土日に買い物に行き、まとめ買いをします。

野菜は八百屋さんで買い、その他のものはスーパーで買います。

特売品も活用します。

買い物に行く時に必ず持っていくのが「手書きメモ」。

普通は買い物の直前に書きますがnamiさんは足りないものに気づいたときにすぐメモします。

流行に振り回されない

洋服は長く着られるものを買い、流行りものは買いません。

電球はLEDに

電球をLEDにするだけで年間1万2,000円の節約になります。

namiさんは市の助成金制度のモニターに応募・当選し補助金が8万円も出て家の中を全てLEDにできたそうです。

予備費をしっかり確保

予備費とは冠婚葬祭、医療費など突発的な出費に備えるお金のことです。

確保することで家計の赤字を防ぐことができます。

namiさん宅では毎月予備費を4万4,000円準備し余ったお金は貯蓄にまわしています。

自分の趣味を活かす

namiさんは材料をホームセンターで買ってきてテーブルをDIYしたり、子ども用の枕やバッグも手作りで楽しみながら節約をしています。

結果namiさんは毎月7万円の貯金ができているそうです。

後から貯金に手をつけることもありません。

素晴らしいですね。

1,000万円貯めたnamiさんの今後の目標は「3年以内の住宅ローンの完済」と「新車の一括購入」だそうです。

目標があると頑張れるし、夢にあふれていて素敵ですね。

1,000万円貯められる人の共通点

雑誌「サンキュ!」の編集部デスクに聞きました。

  1. 流行に振り回されない
  2. 長期間のプランニングがしっかりできている
  3. お得情報をたくさん知っている
  4. 夫婦仲が良い

お金のプロ・山口さんおすすめのお得情報

ゴールデンウイークはお金を使う機会が多くなりますが、そんな時はクレジットカードのサービスや特典に注目してほしいとのことです。

出かける前にクレジット会社のホームページをチェックしてみましょう。

レストランやホテルでの割引、提示するだけで無料になったり、ポイントのキャンペーンなどがあります。

貯金があると大きな安心になりますね。

できるところから始めて私も1,000万円を目指してみたいと思います。

こちらもどうぞ

年収はあるのにお金がない「隠れ貧困」とは 貯金ゼロからの脱出法

スポンサーリンク

シェアする

フォローする