転職10回以上の私から仕事を辞めたい人へのアドバイス

シェアする

今日はUちゃんと来月の旅行の打ち合わせで会ってきました。

また東京に行けることになったのですごくうれしいです!

旅行の話をする前にUちゃんが「仕事を辞めたい」と話し始めました。

しかも辞めたいのはUちゃんではなくて職場にいるほとんどの人が「辞めたい」と言っているのだそうです。

原因は上司との人間関係です。

Uちゃんたちのように仕事を辞めたいと思ったことがある人は結構いるのではないでしょうか。

働いていると嫌なこともたくさんあるし私も辞めたいと思ったことは何度もあります。

今回は今まさに仕事を辞めようか悩んでいる人へ向けて転職の話をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

仕事を辞められない3つの理由

お金の問題

家族を養っている人や一人暮らしの人は生活費の心配がありますね。

あらかじめ貯金をしていれば何の問題もなく辞められるのですが、貯金がない人だといつまでも辞められない状態が続いてしまいます。

本当に辞めたくなったらまず家族に相談してみましょう。

そして今すぐ転職に向けての行動を始めましょう。

休みの日にハローワークに行ったり、転職サイトで探したり。

次の仕事が見つかるまでとりあえずアルバイトでつなぐという方法もあります。

家族の問題

家族になかなか言い出しにくいという場合もあると思います。

私の場合はこのケースでした。

「仕事を続けることは良いことだ」という考えの親だったため、転職の話を持ち出すと猛反対してきます。

結婚している人は奥さんに反対されそうで言えないという人もいると思います。

反対する理由は心配からきていることが多いので、具体的に説明して納得してもらいましょう。

なぜ辞めたいのか、転職活動はどのようにしていくのか、転職後はどのようなメリットがあるのかなど次の職場での面接のように前向きにしっかり説明すればわかってもらえると思います。

夫婦の場合は特にしっかり話し合いましょう。

転職が確実にできそうなら親子の場合は事後報告でもいいかもしれません。

会社の問題

会社が辞めさせてくれない場合もあると思います。

人手不足だったり、自分しかできない仕事をたくさん抱えていたり、上司に引き止められることもあります。

同僚からいろいろ言われるかもしれません。

でもそれも辞めるまでの辛抱です。

一度辞めると決めてしまえば心が楽になりますよ。

一人くらい辞めても会社の仕事は回るので大丈夫です。

職場の規定や法律をよく理解して正しい順序で辞める手続きを進めれば円満退社へつながります。

HIROの職歴

今まで私がどのような仕事をしてきたか紹介します。

「次の仕事が見つからないかも」と不安になっても大丈夫。

こんなに転職しているのに今でも元気に生きています。

次の仕事の参考になればうれしいです。

初めての職場

新卒で入社した職場は小売業でした。

残業もつかないなかなかのブラック企業でしたが初めての職場だったのでおかしいことに気づかなかったのです。

シフト制の働き方に限界を感じ丸6年働いて辞めました。

(辞めた本当の理由)とにかく疲れた

(表向きの辞める理由)寿退社

転職1回目

前の職場は表向きは寿退社でしたが結婚しなかったので引き続き働きます。

次の職場は派遣で働いたOA機器メーカーでした。

定時で帰れるのは当たり前だし、こんな世界があったのかと驚きました。

そしてなぜもっと早くに転職しなかったのかと今までの自分を悔やみました。

しかし1年ほど経って部署異動してから状況が変わります。

通勤途中に具合が悪くなってしまったことをきっかけに辞めました。

(辞めた本当の理由)仕事も人も合わない

(表向きの辞める理由)直雇用の仕事を探したいので

転職2回目

引き続き派遣で働きます。

百貨店で2か月間お歳暮の受付の仕事をしました。

短期の仕事でしたが仲の良い友達もできて楽しかったです。

転職3回目

次の仕事は直雇用でしたがかなりのブラック企業でした。

通信関係の仕事だったのですがお客様とのトラブルも多く、給与も遅れるような職場だったので早めに見切りをつけて半年で辞めました。

自分一人の仕事だったので辞められるか不安でしたが辞める人が異常に多い職場だったので意外とあっさり辞められました。

(辞めた本当の理由)給与が遅れる

(表向きの辞める理由)1人で完璧に仕事をこなす自信がない

転職4回目

親友のNちゃんと一緒に沖縄・石垣島へ逃亡しました。

リゾートバイトでのフロアレディです。

アルバイトを転職の回数に入れるのはどうかと思いましたが入れちゃいます。

島めぐりをしたりシュノーケリングで泳いだりと2週間満喫して癒されました。

充電期間も必要ですね。

転職5回目

次の職場は市役所でした。

臨時職員として働きましたが史上最強に楽な仕事でした。

仲の良い友達もできて毎日仕事に行くのが楽しかったです。

ずっと働けたらいいのにと思いましたが半年間で終わりました。

転職6回目

次の仕事は子どもの習い事教室の受付でした。

最初の3か月間は試用期間だったのですが、肌に合わない職場だと気づき1か月で辞めました。

(辞めた本当の理由)子供が苦手・同僚と合わない

(表向きの辞める理由)仕事が向いていない

転職7回目

次は百貨店での短期の派遣でした。

セールの応援販売で半月ほど働きました。

立ちっぱなしで動くことができないので足が痛かったです。

転職8回目

親友のNちゃんと沖縄・宮古島へ再び逃亡です。

フロアレディで2か月間働きましたが寮に住んでいたので地元住民のようになっていました。

知り合いもたくさんできて辞めた後も交流があったくらいです。

お店に芸能人もたくさん来て夢のような世界でした。

転職9回目

次の職場は直雇用で働いた住宅設備メーカーでした。

同じ歳の同僚と仲良くなりプライベートでも一緒に過ごすようになりました。

人間関係は悪くないのですが仕事内容がどうしても嫌になり体に異常が出てきたので5年半で辞めました。

(辞めた本当の理由)仕事内容が嫌になった

(表向きの辞める理由)給与が少なく生活が厳しい

転職10回目

今の職場です。

大学での派遣で働いています。

職場環境も良く転職10回目にしてようやく自分に合う仕事を見つけました。

心穏やかな毎日です。

結論

仕事は辞めたかったら「辞めてもOK」というのが私の考えです。

世の中に仕事はたくさんあるし我慢して働いているとウツになってしまう可能性もあります。

同じところで長く勤めることが必ずしも良いとは限りません。

いろいろな会社で働くことで経験を積むことができるので私は転職して良かったと思っています。

アラフォーでも転職できますし辞めた後は何とかなるので勇気を持って一歩を踏み出してくださいね。

地元にいい仕事がない!なんて人は思い切って首都圏に出てみるのも手かもしれません。

仕事と住まいを同時に探してくれるサービスもあります。

引越し代がかからずに上京できるのはうれしいですね。

仕事を辞めたいみなさんに素敵な働き方が見つかるように応援しています。

こちらもどうぞ

本田圭佑選手も実践 夢ノートでなりたい自分を引き寄せる方法

スポンサーリンク

シェアする

フォローする