糖質制限で色白美肌になれるのか 夜だけやってみた効果と感想

シェアする

職場の同僚ですごく肌のきれいな子がいます。

とにかくモチ肌で色白なんです。

そしてある日テレビできゃりーぱみゅぱみゅさんを見た時に思いました。

「どうして自分の肌は黄色っぽいのだろう」と。

私は昔から色白だと言われることもありましたが、いかにも黄色人種という感じの黄色っぽい肌色なんです。

なんとか黄ぐすみを解消して同僚の子やきゃりーちゃんのように色白になれないものかと考え調べてみました。

スポンサーリンク

黄ぐすみは「糖」が原因

調べてみると糖質をたくさんとりすぎると「糖化」が起こり、その糖とタンパク質が結びついてできる「AGE」という物質が黄ぐすみの原因となったり老化を早めたりすることがわかりました。

しかもこの物質は体にたまっていく一方で、たまり過ぎると病気になる可能性も出てくるそうです。

AGEが起こりやすい食べ物

揚げ物やホットケーキなどのこんがりキツネ色に焼けた部分からAGEが発生しているようです。

AGEは生→蒸す・ゆでる→煮る→炒める→焼く→揚げるの順で増えていきます。

蒸し鶏を1とすると焼き鳥は5倍、から揚げは10倍に増えます。

AGEを予防するには

野菜を先に食べることで予防できます。

また血糖値が上がりにくい「GI値」の低い食べ物を選ぶことも予防になります。

カロリー制限なし!満腹な糖質制限ダイエット「ロカボ」とは 

予防するのはもちろんですが分解するのはもっと効果的です。

アーモンドに効果があるようです。

顔のむくみを取る一番効果的な方法・老眼改善・山芋でかゆくならない方法 

他にもよもぎに効果があるといわれています。

自分の糖質量を計算

前の記事で1日の糖質量の目安が130gだということを知り自分の摂取量を計算してみました。

糖質を抑えて無理なくダイエットできる食事法「ロカボ」紹介 

今までは朝昼晩と3食お米を食べていました。

ご飯1杯の糖質が約55gなので合計165gになり完全にオーバーしていることがわかりました。

しかも私は甘いお菓子やデザートも好きなのでさらにオーバーしていた可能性があります。

夜だけ糖質制限を実践

糖化やAGEによって老化が進むなら余分な糖が原因で顔のシミなどもできるのかもしれないと思いました。

ダイエットというよりシミをなくす目的です。

朝と昼は仕事もあるのでしっかり食べたいと思い夜だけ実践してみることにしました。

やり方は簡単で、ご飯の代わりに豆腐を食べるだけです。

炭水化物を減らす代わりに野菜と肉・魚・卵などのタンパク質を増やします。

料理としてカルパッチョは糖質制限には良いかもしれないと思いました。

有名人でもGACKTさんがストイックな糖質制限をしていることで有名ですし、この前テレビで中谷美紀さんもラーメンを5年食べていないと言っていました。

キレイな人は努力しているんですね。

実践してみた効果と感想

糖質制限をすると老けてみられたり便秘になりがちという話も聞きますが私の場合は特に影響はなかったです。

ただ慣れるまでが大変でした。

夜遅い時間になるとすごくお腹が空くんです。

1週間くらいすると気にならなくなりました。

また腹持ちを良くするために他のおかずを充実させると食費がかかることも気になりました。

気になる効果のほうは始めたばかりの時に少し色白の肌になった気がしましたが、すぐ元に戻りました。

晩だけやってもそこまで効果はないのかもしれません。

なので続けることを止めました。

吹き出物は出にくい気がしたので、これからは肌の調子を整えたい時だけ実践していこうと思います。

こちらもどうぞ

友達おすすめ美容法の途中経過・朝晩の美容スケジュールまとめ      

スポンサーリンク

シェアする

フォローする