誰でも幸せになれる!最高のパートナーに必ず出会う方法

シェアする

サッカー日本代表が7-2とブルガリアに快勝しましたね。

ずっとワクワクするような最高の試合でした!

長友選手のアモーレ・平愛梨さんも親友の三瓶さんと一緒に試合を観に来ていましたね。

まさに勝利の女神だと思いました。

人は愛する人がいると頑張れるものなんですね。

今回はそんな素敵なパートナーを見つけるための本を紹介します。

カリスマブロガー奥平亜美衣さんの「宇宙から突然、最高のパートナーが放り込まれる法則」です。

2年前まで普通の会社員だった著者は「サラとソロモン」という本を読んで引き寄せの法則を理解し、たったの1年半で作家になり夢のバリ島移住を果たしました。

1章~5章までありますが今回はその中の第1章をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

「不幸だと思うクセ」を捨てると一気に幸せになる

引き寄せの法則とは「自分と同じ波動のものが引き寄せられてくる法則」。

類は友を呼び、笑う門には福来る。

幸せの波動を出せば幸せが訪れ、不幸の波動を出せば不幸な出来事が起こる。

「見えないザル」に気づけば世界は変わる

自分と世界との間にはザルがあり、それが幸せになるかどうかの調整弁になっていることをイメージしてみる。

幸せを選ぶか不幸を選ぶかは自分次第。

自分の心の状態によって変わる。

「願いが叶うこと=幸せ」ではない。

幸せとは好きなものを食べるように「今ここにあるもの」を感じること。

外に幸せを求める限り自分が本当に満たされることはない。

内に幸せを見つけた時、精神的にも物質的にも満たされる。

いいことを探すだけでいいことが起こる

幸せの流れに乗るには「身近ないいこと探し」をすること。

どんな小さなことでもいいので今の状況から良い面を見つけ「楽しさ」「うれしさ」「喜び」「幸せ」をじっくり感じる。

感じることがとても大切。

今より少しいい気分を選び続け波動を整えれば現実が変わる。

他人より自分をコントロールした結果願いが叶う。

自分の気持ちに敏感になるといろいろなものが見える

「どうすれば楽しくいい気分になれるのか」に集中すると「嫉妬」「怒り」「不安」など悪い気分に気づく。

嫌な気分は「方向転換していい気分になろう」という自分からの合図。

悪い考えに浸らないだけで引き寄せはうまくいく。

自分の魂は本当の願いを知っている

テレビ、雑誌、友人など周りの意見に惑わされないこと。

頭で考えずに心で感じることを大切にする。

流行や周りの影響を受けない「自分の本当の望み」を遠慮せず前向きに求めていく。

自分の感覚や本音を知り大切に扱うと波動は高まる。

「やりたいこと=使命」は必ずある

自分のやりたいこと(行きたいところ・食べたいもの・着たい服など)を忠実にやる。

自分を充実させイキイキすると恋愛もうまくいく。

楽しいことが増え全てが望む方向へと変化し感謝があふれる

波動を高く保てば良縁を引き寄せる

毎日を楽しむとパートナーは勝手に引き寄せられてくる。

無理に出会おうとしなくても必要な人とは必ず出会う。

誰と恋人になるかは縁なので自分らしくリラックスして毎日を過ごす。

結果がどっちでもよくなれば願いが叶う

「願いが叶っても叶わなくても今の生活が幸せ」と思えるくらい日常を楽しむことが大切。

何かを願いたければ「なぜかわからないけど最高のパートナーを手に入れる」など自分に抵抗の起きない願い方にする。

他人に対する要望がないことがポイント。

何も心配しなくても望みは最適なタイミングで叶う。

「いいこと・感謝探し」「やりたいことをする」「嫌な感情を切り替える」を地道に続ける。

波動が高まるとつながりのある人にピンとくる

毎日を穏やかにニコニコ過ごすと魂で約束したとしか思えない人がやってくる。

恋愛でもそれ以外の人間関係でも好きな人に好かれる状態になる。

引き寄せは「自分自身が幸せを感じること」がゴール。

自分のものの見方を変えるだけで幸せになれることがわかりました。

第2章からは「最高の出会いが訪れる法則」「本物の愛を育てる法則」「ネガティブな感情が消える法則」「ずっといい関係を続ける法則」など気になる法則が盛りだくさんです。

気になった人はぜひ読んでみてくださいね。

こちらもどうぞ

「他人に流されない人ほど上手くいく 」読みました 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする