羽田空港国際線と第二ターミナルのグルメ・アミューズメント

シェアする

6月14日放送の「マツコの知らない世界 ~ぶらり羽田空港の世界~」を見ました。

年間利用者数なんと7,500万人以上という日本一の羽田空港(東京国際空港)。

羽田空港はただ単に「飛行機に乗る場所」ではなく絶品グルメや限定アミューズメント、ファッション、家電までそろう一大商業施設になっています。

案内人は飛行機に乗らないのに週3で空港に通う主婦・片山智香子さんです。

今回はディープな羽田空港を紹介します。

スポンサーリンク

国際線ターミナル

アミューズメントが多く家族で楽しめる場所が多いです。

お祭り広場

国際線の5Fにある特製の願掛けスポットです。

壁一面に願い事を書いた木札が飾られています。

木札は自動販売機で1枚500円で購入することができます。

デザインはチケット仕様でマニアにはたまらないポイントなのだそうです。

フライトシュミレーター

リアルな映像と音で飛行機の操縦を体験できます。

誰でもパイロット気分を味わえるゲームです。

初級・中級・上級とあって1回200円で体験できます。

操縦レバーを引くと機体が上がります。

ゲームに興味のないマツコさんも体験していましたが苦戦していました。

国際線ターミナルグルメ

行列のできる人気が集まる絶品グルメを紹介します。

銀座 おぐ羅

「7品おでんとだし茶漬け定食」(1,782円)など和食を中心とするお店です。

ダシはしょうゆを使わず昆布とかつお節のみで作られたおでんは深みのある優しい味わいです。

吉野家

国際線限定のメニュー「牛重」(1,240円)があります。

吉野家の公式ホームページにも載っていない幻の牛丼です。

国産和牛の高級肩ロース肉をすき焼き風にしました。

24時間いつでも食べられます。

つるとんたん

羽田限定メニュー「和風酸辣湯(サンラータン)のおうどん」(1,380円)が大人気です。

焼肉チャンピオン

恵比寿の有名焼肉店です。

片山さんおすすめの「焼肉チャンピオンロール」(1,350円)は空港内のおみやげナンバーワンです。

すぎのこ

24時間営業の居酒屋レストランです。

イチオシは「特選海鮮丼」(2,041円)です。

毎朝築地から直送されたマグロ・タイ・イクラ・エビなどがのっていて鮮度抜群です。

JAL SKY MUSEUM

モノレールで「羽田空港第一ビル駅」から一駅の「新整備場駅」から徒歩1分のところにある予約制の施設です。

これまで10回リニューアルされてきたJALのCAの歴代の制服が全て展示されています。

堀ちえみさんのドラマ「スチュワーデス物語」世代のマツコさんと片山さんは興奮しまくりです。

森英恵さんデザインの制服が大胆なミニスカートでかわいいと思いました。

JALの現役CAが着用している制服を無料で試着できるコーナーもあります。

第2ターミナル

展望デッキ

片山さんが第2ターミナルで一番おすすめの場所です。

目の前に海が広がりスカイツリーまで見えます。

昼は開放感があり癒され、夜はLED照明でライトアップされます。

奥にはカップルシートもあるのでデートにも最適です。

ここで羽田空港限定の「羽田スカイエール」(2本1,540円)を飲みながらボーっとするのが良いのだそうです。

ラーメン自動販売機

20種類のご当地インスタント麺を販売しています。

第2ターミナルグルメ

絶景を見ながら食べられます。

天政

老舗の名店で天ぷらが食べられます。

「天バラちらし」(3,024円)が名物です。

旬の野菜のかき揚げと築地直送の穴子をアツアツのご飯に混ぜ込み北海道産のイクラを添えました。

天ぷらとイクラの相性が抜群です。

カステルモーラ

展望デッキに面するイタリアレストランです。

看板メニューは石釜で焼き上げた「アウローラピザ」(1,922円)です。

ベトナムCho’

「鶏肉のフォー」(1,130円)がおすすめです。

ベトナムから取り寄せた米粉麺と自社工場で作る牛骨スープは相性抜群です。

13種類の具材をお好みで無料トッピングできます。

オーダーしてから出てくるのが早いそうです。

TOKYO AIRPORT RESTAURANT

到着ロビーのすぐ近くの本格刀削麺のお店です。

看板メニューは「ピリ辛胡麻だれつけ麺」(870円)です。

本場中国で学んだ料理人が作っています。

4種類の香辛料を2日間煮込んだこだわりのつけダレです。

エアポートグリル&バール

展望デッキの並びにある一番飛行機に近いお店です。

ハンバーグが特におすすめです。

「とろとろ温玉ハンバーグ&粗びきハンバーグ」(1,390円)をマツコさんが試食していました。

切った瞬間肉汁があふれ出します。

「あっ!これ美味しい。やわらかすぎて飲める」とマツコさん。

アメリカ産ビーフとカナダ産三元豚の粗びきです。

デミグラスソースは赤ワインで3日煮込んでいます。

最初は興味のなかったマツコさんも最後には空港の魅力に引き込まれていました。

飛行機に乗る人も乗らない人も行ってみてはいかがでしょうか。

私は来週行くので羽田空港を楽しみたいと思います。

こちらもどうぞ

東京駅・銀座の極上サンドイッチ10選 たまご・フルーツ・カツ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする