二重まぶたにする方法 髪が広がる・うねりを抑える方法 

シェアする

6月19日放送の「この差って何ですか? ~言われると気になる!この差ランキング~」のコーナーを見ました。

私が気になったものだけ紹介します。

スポンサーリンク

一重まぶたと二重まぶた

女性のみなさんはまぶたの一重と二重を気にする人も多いと思います。

なぜ一重と二重の人がいるのでしょうか。

形成外科医の倉富先生に聞いてみました。

まぶたの差は筋肉の差

まぶたを持ち上げる筋肉が1本か2本かによって一重か二重になるかが決まるそうです。

1本の筋肉で持ち上げているのが一重で、途中で枝分かれして2本の筋肉で持ち上げているのが二重です。

まぶたは遺伝

一重と二重の親から生まれた子どもは一重になりやすいそうです。

子どもの頃は一重でも大人になるにつれて二重になる人もいます。

それは2本目の筋肉が元々あったのですが、歳を重ねて余計な脂肪が落ちてきて二重になったということです。

一重か二重かを確かめる方法

まぶたを上げて二重を作ります。

瞬きをしてすぐ一重に戻らないようであれば2本目の筋肉がある可能性があります。

二重になる体操

まぶたの脂肪やむくみを取り、まぶたの筋肉を鍛える体操です。

まぶたの老化防止にも効果があります。

まずは二重体操の前にリンパマッサージで準備します。

  1. 両手の指でおでこを上下にマッサージする
  2. 同じようにおでこを内側から外側にマッサージする
  3. まゆ毛の上・まぶたを優しくなでるようにマッサージする
  4. 目の脇から首筋へ老廃物を流す

準備ができたらいよいよ二重体操です。

  1. 目を思いきり大きく見開く
  2. 思いきり強く閉じる
  3. 1日に30回くらい繰り返す

二重になりたい一重の人はやってみてくださいね。

髪の毛が広がる人と広がらない人

梅雨時や雨の時など湿気が多い日は髪の毛が広がって爆発したようになってしまう人も多いと思います。

髪の毛をセットするのも一苦労です。

中には雨の日でも広がらずクシを通せば簡単にまとまる髪質の人もいます。

この差はなぜ生まれるのかヘアコスメ総合メーカーの天谷さんに聞いてみました。

髪の毛のキューティクルの差

髪の毛のキューティクルがはがれているか、いないかで広がりに差が出てきます。

キューティクルとは髪の表面を保護するタンパク質のことです。

キューティクルがはがれると髪が水を多く含んでしまい膨張し、うねるように曲がるので全体的に広がります。

健康的な髪をキープすると梅雨時でも広がりません。

キューティクル保護テクニック

寝る前にしっかりブローする

髪の毛が濡れたままで寝ると枕と髪の毛がこすれてキューティクルが傷んでしまいます。

しっかりとブローして乾かしてから寝るのがポイントです。

ヘアオイルを使う

ヘアオイルは髪にツヤと栄養を与えます。

いろいろなヘアオイルがありますが天谷さんのおすすめは「アーモンドオイル」です。

髪の毛と同じ成分でよくなじむ「オレイン酸」を多く含まれていてキューティクルを保護しながら水分をブロックします。

うねりが気になる中間から毛先になじませます。

毛の流れに沿ってつけると広がりが防げます。

私は雨の日は髪が広がりやすいのでアーモンドオイルが気になりました。

きれいな髪でこの梅雨の時期を乗り切りたいですね。

こちらもどうぞ

女性のお悩み解決!クマが消えない・トイレが近い・下半身が太い

スポンサーリンク

シェアする

フォローする