マニアが選ぶおすすめビーチサンダル5選・進化系ビーサン

シェアする

7月12日放送の「マツコの知らない世界 ~ビーチサンダルの世界~」を見ました。

本格的な夏がやってきましたね。

夏に欠かせないのがビーチサンダルです。

数々のブランドがビーチサンダルを販売しています。

海外セレブがファッションに取り入れるなど夏のおしゃれアイテムとしても定着してきました。

案内人は年間365日ビーチサンダルを履き続けている今村正人さんです。

ビーサン愛が強すぎて生まれ故郷の岐阜県で専門店を経営するほどのマニアです。

今村さんはアメリカへの留学経験があり、そこでカリフォルニアの人たちがオフィスや通勤などでビーチサンダルを履いているのを見てハマったそうです。

スポンサーリンク

ビーチサンダルは日本が発祥

今村さんから衝撃の豆知識が出ました。

マツコさんもビックリです。

日本人が履いていた草履が進化してビーチサンダルになったといわれているそうです。

鼻緒を3点でとめているものに限って「ビーチサンダル」と呼ぶことが許されています。

おすすめビーチサンダルベスト5

世界中から集めたかわいいビーチサンダルから街履きもできるビーチサンダルまでこの夏おすすめのビーチサンダルを紹介します。

UGG LouLou 

アメリカ発の注目ブランドでサーファー向けに作られたムートンブーツが特に人気です。

最近はビーチサンダルも作っていて注目されています。

UGGらしく中敷きがフワフワになっています。

夏に履くには暑そうな感じがしますが意外とサラっとしていて気持ちが良いそうです。

疲れにくいので街履きにおすすめです。

ヒッポブルー 

タイの熱帯雨林で採れる天然ゴムを使ったビーチサンダルです。

ふわふわな履き心地で弾力がすごくあります。

一日中履いても疲れないほどです。

肌に吸い付くようなしっとり感とやわらかさがあります。

カスタム(ANGEL RAINBOW) 

オーストラリアで生まれたシューズブランドです。

「ヌードルワイヤー」というワイヤー状のソールが特徴です。

汚れが早く洗い流せる素材なのできれいに履き続けられます。

ベタベタしない蒸れない素材です。

アイランドスリッパ 

セレブ御用達で「ビーサン界のフェラガモ」と呼ばれているそうです。

鼻緒とソール部分が皮でできていて足が滑りにくいのが特徴です。

素材は全てハワイのもので職人の手によって1足ずつ丁寧に作られています。

デザインもいろいろあるので楽しめます。

サンドバイサヤ 

日本人デザイナーSayaさんが手がけるニューヨークでイチ押しのブランドです。

手作りの1点ものでビジューをミシンで縫いつけているこだわりが特徴です。

丁寧にハンドメイドされたパーツの美しさが素晴らしいです。

おしゃれでかわいいサンダルです。

進化系ビーチサンダル

変わり種のビーチサンダルを紹介します。

KUSA(Flip Flops For Orange Candy) 

名前の通りソールが草になっていて芝生の上を歩いているような感覚が楽しめます。

オーストラリアのデザイナーが遊びで作ったのが始まりです。

青い芝の中に少しだけ枯れた芝を表現しているところがマツコさんお気に入りです。

TOPLESS SANDAL ヌーサン 

粘着力のあるソールで足の裏を貼り付けて歩くサンダルです。

3点でとめていないのでビーチサンダルの概念から外れている気もします。

足をきれいに見せることを目的として作られました。

鼻緒で指の間が痛くなってしまう人にもおすすめです。

いかがでしたか。

かわいいサンダルや面白いサンダルがあって私は見たことがないものばかりでした。

みなさんお気に入りのサンダルでこの夏を楽しんでくださいね。

こちらもどうぞ

旅行持ち物チェックリスト あると便利!女性用国内旅行編 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする