食後すぐ寝るダイエット・生姜を生で食べると体が冷える

シェアする

7月31日放送の「林先生が驚く初耳学」を見ました。

気になった話題を紹介します。

スポンサーリンク

食後すぐ横になると痩せる

衝撃の事実です。

今まで「食べた後すぐに寝ると牛になる」と言われていましたが、その逆らしいです。

食後に横になるだけで痩せるなんて究極のズボラダイエットですね。

林先生も初耳でした。

肝臓の働きが重要

消化器内科医の野村先生によると、肝臓の血液の流れが良くなると体の基礎代謝がアップするのだそうです。

基礎代謝とは呼吸や消化などで無意識に使われているエネルギーのことです。

肝臓は臓器の中で基礎代謝の使われる量が一番多く全体の27%を占めています。

肝臓を活発に動かせば体内のエネルギーが消費されて基礎代謝がアップします。

食後に横になると肝臓に良い

野村先生いわく食後に横になると肝臓の働きが活性化するのだそうです。

食後は胃や腸から肝臓へ流れる血液量が増加し肝臓にエネルギーが蓄積します。

横になり肝臓を活性化させることでエネルギーを効率よく消費できるというわけです。

ダイエットに効果的な正しいゴロ寝

  1. 肝臓が下に来るように体の右側を下にする
  2. 頭と足を約30cm上げた体勢にする
  3. 横になる時間は15~30分間

頭と足を上げると重力により血液の流れが肝臓に集中し、血流が増えることで肝臓が活性化します。

横になる時間は30分くらいまでにしておきましょう。

長過ぎると肝臓が休息状態になりエネルギーが脂肪として蓄積されるので逆効果になってしまいます。

生姜を生で食べると体が冷える

この時期はそうめんや冷奴などを食べる機会が増えますね。

定番の薬味といえば生姜です。

食べると体を温める効果があると女性に人気ですが、生で食べると体を冷やしてしまうのです。

生姜の2種類の効果

生姜には体を芯から温める効果と表面だけを温める効果があります。

生で食べると体は表面しか温まらず冷えてしまうのです。

今の時期は冷房に当たり過ぎて冷え性になりがちですが、体を温めようと生の生姜を食べると逆効果になってしまう恐れがあります。

ポイントは生姜に含まれる「ジンゲロール」と「ショウガオール」という成分です。

ショウガオールを摂ると胃腸が刺激されて血流が増え体の奥から熱を発生させ体を長時間温める効果があります。

渋谷セントラルクリニックの河村院長によると「生の生姜にショウガオールはほとんど含まれていない」とのことです。

生姜は加熱することでジンゲロールがショウガオールに変わります。

一方ジンゲロールはコレステロール値の低下、動脈硬化・脳梗塞の予防などの効果はありますが体を芯から温める効果はありません。

ジンゲロールは皮膚に近い血管を広げ体の表面を一時的に温める効果があります。

摂った後すぐに冷房の冷たい空気に皮膚が触れると広がった血液の温度が下がり体を冷やす原因になるのです。

生姜の知識は知っていましたが横になることで新陳代謝がアップすることは知りませんでした。

長時間横になって牛にならないように気をつけながら試してみたいと思います。

こちらもどうぞ

酢しょうがのレシピ・作り方・効果 ダイエットや美肌に最強

スポンサーリンク

シェアする

フォローする