LCC国内4社を比較!サービスとおすすめ機内食 バニラエア他

シェアする

LCC国内4社を比較!特徴と安い理由 ジェットスター・ピーチ他の続きです。

今回も「マツコの知らない 格安航空LCCの世界」を紹介します。

スポンサーリンク

LCC各社のサービス

各社のCAさんが来て解説していました。

CA大好きマツコさんも大喜びです。

Jetstar(ジェットスター)

オレンジ色の大きな星の機体、親しみやすいオレンジ色のジャケットと黒が基調のシックなユニフォームが特徴的です。

座席は全180席レザー仕様で統一しています。

他社のほうがフライト料金が安い場合、最低価格保証として10%オフになります。(同じ日時・路線などの条件あり)

機内食で人気なのは自由が丘の有名店「ジュノエスクベーグル」監修のオリジナルベーグルサンド(税込500円)となごみの「米屋」監修のオリジナルなごみどら焼(税込350円)です。

チャーリィさんおすすめはチキンカツカレー(税込1,000円)でサクサクのカツが美味しく家庭的な味がするそうです。

特に力を入れているのは機内誌で情報雑誌に負けないくらいの取材力で作っています。

グルメやレジャーなど機内誌とは思えない情報量です。

Peach(ピーチ)

紫とピンクの機体でCute&Coolを表現しています。

アバクロのデザイナー作のピーチカラージャケットを着たCAさんが「おおきに」と出迎えてくれます。

個性を大切にしているのでネイルのカラーと髪色は自由、赤髪や金髪のCAさんもいます。

機内食「Peachデリ」で人気なのが大阪の有名店「たこ昌」のたこ焼(税込750円)や老舗店「千房」の豚玉(税込800円)で本場大阪の味を機内で楽しめます。

予約した便に一定の空席があれば自分の隣座席を2,000円で確保できるスペースシートオプションというサービスがあり、3席取れば横になって寝ることも可能です。

Vanilla Air(バニラエア)

黄色とスカイブルーの機体で太陽と空と海を表現しています。

スカイブルーのさわやかな制服で男性CAが多く在籍しているのが特徴的です。

面白い機内アナウンスをするCAさんが話題になっているので乗った時はぜひチェックしてみてください。

人気のスイーツはバニラエア特製のバニラくり~むあんぱん(税込350円)です。

あんことカスタード一緒に入っていてマツコさんも美味しそうに食べていました。

SPRING JAPAN(春秋航空日本)

白と緑の機体で清潔感と日本のおもてなしを心がけています。

全国の服飾学校からデザインを公募した制服は黄緑のジャケットと黄色のスカーフが特徴的です。

こだわりは機内照明で最新のLEDライトはリラックスできるような優しい光になっています。

機内食はご当地グルメを用意し、佐賀の銘菓「丸ぼうろ」(税込200円)や「嬉野茶」(税込200円)などがあります。

中でもおすすめは広島の「とり皮」(税込200円)です。

マツコさんも「あ~!これヤバイやつだ」と美味しそうにとり皮を食べていました。

にんにく風味でおつまみにも良さそうです。

LCCには何回も乗ったことがありますが今回改めて格安航空の良さを知ることができました。

空きさえあれば出発直前でも低価格で乗れるのは魅力的ですね。

チャーリィさんのおすすめは平日だそうです。

「安いから怖い」とは思わずにみなさんもLCCを活用してみてくださいね。

こちらもどうぞ

羽田空港国際線と第二ターミナルのグルメ・アミューズメント 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする