こすらない洗顔・スキンケアで美肌になる!実践した効果と感想

シェアする

いろいろ肌にいいことは実践しているのにイマイチ肌の調子が上がらない、美肌になれないと思う時は洗顔に問題があるのかもしれません。

私もその一人でスキンケアの方法を見直して実践しているところです。

始めてから2か月ほどになりますが肌がどのように変化していったのかレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

こすらないスキンケアを始めたきっかけ

ある日妹と電話で話していた時のことです。

最近肌の調子が良くないという話をすると「クレンジングと洗顔の時間が長い」と指摘されました。

自分では気付かなかったのですが、どうやら1分以上クルクルとマッサージでもするかのようにクレンジングをしていたようなのです。

人から指摘されて改めてわかることってありますよね。

できるだけこすらないスキンケアをして肌がどのくらい変わるのか試してみようと思い始めることにしました。

こすり過ぎはシミ・シワの原因に

こすり過ぎると肌に刺激を与えて負担がかかるのでシミの原因になってしまいます。

特にクレンジングは肌に長時間のせても汚れ落ちがそんなに変わらないので短時間で終わらせることが重要です。

クレンジングのCMでよく見かける卵のメイク落とし実験などでは何もこすらずに放置するだけでメイクがきれいに落ちたりしますよね。

市販のクレンジングにはそれほど汚れを落とす効果があるのだと思います。

最近目の下のシワが気になっていたのですが、こすり過ぎからくるものかもしれません。

実践1週間目

朝の洗顔はぬるま湯のみで目やにを取る時でさえも薬指を使って刺激を与えないように慎重に。

化粧水や美容液をつけるときもこすらず上から手で密着させます。

ファンデーションはスポンジをすべらせず肌の上に乗せるようなイメージでつけます。

チークもブラシを使うのをやめてクリームチークをスポンジでポンポンとつけるようにしました。

夜のクレンジングは時間を10秒と決めて汚れをさっと落とします。

洗顔も泡をたっぷりと作り顔にのせるだけ。

とにかく徹底的にこすらないことを心がけて生活しました。

夕方に気になっていた目の下のシワとほうれい線が薄くなりメイクのよれも少なくなりましたが今度は小鼻が気になり始めました。

顔に泡をのせて放置するだけの洗顔では小鼻の黒ずみや皮脂汚れは落ちにくいようです。

実践1か月目

しばらく様子を見ていたのですが小鼻やあごに皮脂汚れがたまってきて気持ち悪かったので洗顔方法を変えることにしました。

クレンジングの時間は変えずにTゾーンを重点的に落とすようにします。

洗顔も泡を放置するのはやめて中指と薬指のみで泡を転がすように優しく洗うことにしました。

半月くらい経ったころから皮脂汚れがなくなり1か月もすると黒ずみも目立たなくなりました。

実践2か月目

2か月目も1か月目と同じようにスキンケアしています。

油断するとすぐ元の戻りそうなので意識してこすらないように気をつけています。

なでるように洗うのが私には一番合っているようです。

こすらないスキンケアの効果

今までコンシーラーを使ってシミを隠していたのですがBBクリームだけで隠れるようになり朝の化粧が楽になりました。

集中していた肝斑も薄くなりまばらになりました。

右ほほに浮き出たシミがあったのですが平らになり範囲も狭くなりました。

確実に効果があると思ったのでこれからも続けていきたいと思います。

奇跡の美魔女・白川みきさんもこすらないスキンケアを実践されています。

こちらもどうぞ

そばかす・シミ・肝斑とは違う「遅発性太田母斑」とは 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする