ゲッターズ飯田の金持ち風水 お金持ちの部屋の共通点

シェアする

今回は人気占い師ゲッターズ飯田さんの本「金持ち風水」を紹介します。

4万人以上の鑑定とテレビの取材でゲッターズさんはお金持ちにいくつかの共通点があることに気づきました。

風水や占いに興味がない人でも自然と風水的にいいことをしているそうです。

スポンサーリンク

お金持ちと貧乏人の部屋の違い

お金持ちと貧乏な人では部屋が正反対です。

お金持ちの部屋は清潔感があり物が少なくスッキリしているのに対し、貧乏な人の部屋は不潔で物が多く、ごちゃごちゃしていることが多いです。

散らかっているものを片付ける前に、まずは物を減らしましょう。

物を減らすと掃除がしやすく物が探しやすいので合理的に生活できます。

効率よくムダを省くことが大切です。

家の空気の流れで人の心と体は変わるので、今の部屋が自分にどんな影響を与えているか振り返ってみましょう。

心地いいと思える部屋にすることが人生を変える第一歩です。

お金持ちの部屋の共通点

お金持ちの部屋の共通点を真似して心地いい部屋を作りましょう。

玄関に鏡を置いている

お金持ちの家でほぼ共通していたのは玄関に全身が映る大きな鏡があることです。

玄関だけではなく各部屋に鏡を置いている家もありました。

大きな鏡が置けない家はこだわりの鏡を置きましょう。

風水的に玄関は明るいほうがよく、鏡は光の代わりになります。

お金持ちは鏡で自分を確認することの大切さを知っています。

身だしなみを整えることで自分を知り、人に不愉快な思いをさせません。

玄関に鏡を置いてきれいに磨きつつ毎日見るようにしましょう。

ティッシュを見えるところに置かない

お金持ちは「目障り」「あると使ってしまうから」という理由でティッシュを引き出しにしまっている人が多いです。

ティッシュを使うことでゴミが増えたり、ゴミにスペースを割くのはムダと考えているのです。

風水では「紙は気を吸う」と言い、古新聞や古雑誌を置きっぱなしにすると湿気を吸って空気が淀むとされています。

紙袋やチラシなどを減らすように意識してみましょう。

ゴミ箱がない

先ほどのティッシュと同じ理由でお金持ちの家にはゴミ箱が見当たりません。

台所などごく一部にはありますが見えない場所にしまわれていることが多く、各部屋には置かれていません。

お金持ちはゴミに自分の時間を使いたくないのです。

コンビニの袋やムダな包装を断り、家にできるだけゴミを持ち込まないようにしましょう。

いい匂いがする

お金持ちの人は匂いに敏感で各部屋に好きな香りを漂わせています。

これは「清潔感が大事」という精神につながります。

香りは気分がよくなったり、お金を払いたくなったりなど人の心を動かす武器になるのです。

玄関に1足だけしか靴を置かない

お金持ちの家の玄関には靴は1足、もしくは住人の数程度の靴しか出ていません。

どの靴を履こうか迷う時間をムダと考えているのです。

一方、貧乏な人の家はたくさん靴が並んでいて狭い玄関なのに靴の占める割合が多いのが特徴です。

履く靴だけ出しておけば迷うこともなく、他の靴を履く時も収納された中から選べば効率的です。

風水で玄関は仕事運を表しています。

ごちゃっとした玄関では仕事も頭も整理されません。

本を重ねない

お金持ちは読書家が多く忙しくても時間を見つけて本を読んでいますが、読み終わった本はすぐに捨てるか人にあげるそうです。

その理由は「読まない本を置いているスペースのほうが本の原価より高いから」とのこと。

必要になったら探すより買い直すほうが早い、探す時間を徹底的になくすのがお金持ちの考え方です。

丸みのあるものが好き

お金持ちの家には丸みのある家具が多いです。

「鋭利なものはストレスになる」「危ないから」いう理由です。

いくらスタイリッシュな家具でも角にぶつかりケガをしたら自分のパフォーマンスが落ちてしまいます。

またホームパーティーをする人も多いので危ない要素をなくすのは訪れる人への気遣いでもあります。

ストレスを感じるものをなくしてリラックスできる家にしましょう。

ゴールドのアイテムを持っている

お金持ちは「ゴールド」が好きという共通点があり服や身に着ける物、家の中にも必ずゴールドの物があります。

ゴールド色には「明るいリーダー」「独立心、向上心」「野心家」というパワーがあり経営者の人が多く好む色です。

ゴールド=お金というベタな連想がありますが日々ゴールドを目にすると高級な雰囲気が心地よくなり自然と「お金持ちになろう」というマインドになります。

お金持ちになりたい人は身につけたり近くに置きましょう。

財布は緑か黒が多い

金運には黄色の財布がいいとよく聞きますが、お金持ちの持つ財布は黄色ではなく緑や黒ばかりでした。

黄色はお金を意識付けますが色としては「継続力に欠ける」「おっちょこちょい」というパワーがあります。

緑色は「礼儀正しく真面目」「面倒見がいい」「目的意識が高い」というパワーがあり、黒は「芸術的才能」「知的好奇心アップ」というパワーがあります。

人に好かれる必要がある仕事には緑色の財布を、職人気質で自分のセンスでお金を稼ぎたい人は黒の財布を持つと成功を手助けしてくれます。

白をよく使う

お金持ちは自分の弱点を補ったり目的に合わせた上手な色の使い方を自然に行っていました。

中でも白は最強です。

「正義感が強い」「真面目で正直」というアピールができますが何より「清潔感」を感じさせてくれます。

ある会社で営業の人に白シャツを着せたら売り上げが伸びたそうです。

扱う商品の信頼度が増すほど白は相手に対していい印象を与えます。

困った時は白を選びましょう。

次回に続きます

ゲッターズ飯田の金持ち風水 貧乏人に共通していること・考え方

スポンサーリンク

シェアする

フォローする