あなたの恋愛がうまくいかない本当の理由 4つの仮面について

シェアする

今回は恋愛セラピスト阿妻靖史さんの「あなたの恋愛がうまくいかない本当の理由~傷ついた心を癒す恋愛セラピー~」を紹介します。

恋愛がうまくいかない人の相談にのっていた阿妻さんは「呪いの仮面」を外せないことが本当の問題だと気づいたそうです。

「呪い」とは無意識の中に押さえ込まれた感情や考え方のことで「仮面」とは他人と関わる時の役割とセルフイメージのことです。

呪いを解き自分の意思で仮面を外せるようになると恋愛はうまくいきます。

自然体でお付き合いできる幸せな恋愛を手に入れましょう。

スポンサーリンク

4つの仮面あなたはどのタイプ?

代表的な呪いの仮面は3つあります。

どのタイプが自分に近いか想像してみてください。

愛される「女神タイプ」

呪いの仮面→なし

  • 陽気でよく笑い、人と関わるのが好きな女性
  • 無邪気な一面もあるが嫌なことを上手に受け流す大人な一面もある
  • 受け取り上手、見守り上手で穏やかな恋愛をする

呪いの仮面がないので、いつもお互いが心地よく過ごせるような行動を選ぶことができます。

彼がデートのキャンセルをしてもネガティブな反応をせず、淡々と振る舞い、男性に感情的な負担をかけません。

我慢しているのではなく「相手の幸せも自分の幸せ」と心から感じているのです。

喜びの感情もイキイキと表現し、男性からの食事やプレゼントも喜んで受け取ります。

被害者意識が強い「依存タイプ」

呪いの仮面→かわいそうな人

  • 元気で感情豊かな女性
  • 人と関わるのが好きだが人の好き嫌いがある
  • 不安になると感情的になりやすい
  • 彼と会う機会が少ないなど寂しく不安な状態が苦手

「何で会ってくれないの?」「何で連絡してくれないの?」と疑問形で問い詰める傾向があります。

心のどこかで相手が自分の欲求を満たしてくれるのは当たり前と思っているからです。

相手は責められ疲れてしまい、ケンカ別れするパターンが多いです。

呪いの仮面を解き寂しさや不安を解消すれば、強い感情も抑えられ恋愛が楽になります。

尽くしすぎる「自己犠牲タイプ」

呪いの仮面→いい人

  • おっとりしていて我慢強い女性
  • 自分の気持ちより相手の気持ちをいつも優先してしまう
  • 相手の要求をいつも飲んでしまうので一人で苦しむことが多い

自分を犠牲にし「いい人」を演じることで相手から嫌われないようにしています。

そして「自分には価値がない」「捨てられるかもしれない」という怖い気持ちを必死に隠しています。

身勝手な彼に振り回され、利用される傾向があります。

また、いじめられやすい傾向があり攻撃をはねつけることができません。

心の奥底の怒りや我慢が限界を超えた時に急に怒り出したり、突然別れを切り出したり、うつや病気になってしまうことがあります。

人の価値は経済的な成功や性的な魅力で決まるものではないので、精神的な部分も含めて自身の価値を見直してみましょう。

小さい頃にほめてもらった経験が少ないと自分の価値を信じられなくなります。

心の中にある未熟な部分を見直し成長させていきましょう。

相手に頼れない「自立タイプ」

呪いの仮面→できる人

  • サッパリしたあねご肌の女性
  • 職場では男女問わず信頼が厚い
  • 恋愛偏差値が低く、長続きしない
  • なぜか依存的なダメ男を引き寄せてしまう

「頼ってはいけない」という気持ちが強いため、男性から親切や食事、プレゼントなどを受け取るのが苦手です。

そのため女性の役に立ちたい「頼れるいい男性」からはとてもつまらなく見えてしまい、男扱いされることもあります。

代わりに「頼りない男性」ばかりが寄ってきますが、依存的な部分が嫌に見えてしまいます。

仕事で頼りにされることも多いので周りから「なぜ彼がいないんだろう」と不思議に思われることも多いです。

問題が起きても自分で全部何とかしようとせず、頑張るのをやめて自分の中の弱い気持ちを否定せずに受け止める心を育てましょう。

あなたはどのタイプに近いでしょうか。

次回タイプの特徴を詳しく解説します。

どんな人も3つのタイプそれぞれの要素を持っているので全てのタイプを読むことをおすすめします。

考え方や行動のアドバイスも書いてあるので参考にしてみてくださいね。

次回に続きます

あなたの恋愛がうまくいかない本当の理由 依存タイプとは 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする