ラピスラズリLLサンスクリーンは肌にやさしい日焼け止め

シェアする

年末にスキンケアブランドの「ラピスラズリ」さんから日焼け止めのサンプルをいただきました。

ゆうパケットの小包で届きました。

うれしい現品サイズのサンプルです。

早速使ってみたので使い心地や感想などをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

ラピスラズリとは

「素肌の今と未来を守る」というコンセプトのスキンケアブランドで、肌の乾燥を防ぐ高保湿で低刺激なアイテムを開発しています。

代表の石田さんは極度の乾燥肌で化粧水やファンデーションなどを自宅のキッチンで手作りしていたそうです。

肌質を改善しようと研究していた石田さんは「肌に受けるダメージを最小限にして乾燥を原因から防ぐこと」が重要だと気づきます。

そこで乾燥の原因の一つである紫外線を防ぐために、肌にやさしい理想の日焼け止めを作ろうと決意します。

製薬会社と開発の末、ついにできあがったのがLLサンスクリーンです。

忙しい人ほどスキンケアに十分な時間がとれないので肌が乾燥しがちです。

ラピスラズリさんの製品は時短でケアできるように作られているので、忙しい朝でも簡単にお手入れできます。

特徴

LLサンスクリーンの6つの特徴を紹介します。

無添加

肌の負担になりやすい7つの成分をカットしています。

  • 着色料
  • 合成香料
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • シリコン
  • パラベン
  • エタノール

美容成分を配合

肌にうるおいを与える「ヒト型セラミド」「スクワラン」、肌の状態を整える「ビタミンC誘導体」「グリチルリチン酸2K」を配合しています。

保湿成分が含まれているので、洗顔・化粧水の後に乳液やクリームとしても使うこともできます。

SPF40

SPF40、PA+++なので屋外でのレジャーやスポーツも肌の負担をかけずに楽しめます。

ただし、ノンシリコンなので摩擦には弱く、水中や炎天下には不向きです。

タオルで汗をふいた後は塗り直すことをおすすめします。

石鹸で落とせる

肌のpHに反応して性質が変化する植物性ポリマーを使っているので、汗(弱酸性)で落ちにくく、石鹸(弱アルカリ性)でスルンと落ちます。

塗り直しやクレンジングを使ったW洗顔は不要です。

また、弱酸性の洗顔料では落ちにくい場合があります。

白浮きなし

ナノサイズの紫外線散乱剤(酸化チタン)を使うことで白浮きやカサつきもなく、しっとりした仕上がりになります。

酸化チタンは表面処理剤(アルミナ)でコーティングされているので、肌に触れることもなく安心です。

ユズの香り

高知県産のユズから抽出した精油を使った、さわやかな香りです。

水蒸気蒸留法なので光毒性はありません。

感想

少量でよくのびるので意外と長持ちします。

ベタベタしない軽いつけ心地です。

いつも日焼け止めを塗ると顔に膜がはったように感じるのですが、LLサンスクリーンは違和感もなく肌にやさしい感じがします。

日焼け止め特有のにおいもしないです。

あまりにもつけてる感じがしないので、きちんと紫外線をガードできているのか心配になりましたが、シミが濃くなることもなく問題なく使えています。

乳液やクリームとしても使えるので忙しい朝に時短でお手入れできるのがいいですね。

ユズのさわやかな香りに癒されました。

「敏感肌で日焼け止めはどれも使えなくて困っている」というお友達のUちゃんのような人に試していただきたいです。

公式ホームページはこちら⇒日焼け止め LLサンスクリーン

ネットでも購入できます。

こちらもどうぞ(妹のブログです)

【LDK2017年1月号】日焼け止めランキング1位はDHC     

スポンサーリンク

シェアする

フォローする