スポーツジムを選ぶポイント 通う前に考えるべきこと

シェアする

スポーツジムに通い始めてから1か月が過ぎました。

1か月経って友達紹介の商品券がもらえたので、うれしかったです。

入会してから気づいたことなどがいくつかあるので、まとめてみたいと思います。

ジムを選ぶ時の参考にしてもらえたら、うれしいです。

スポンサーリンク

ジムに行く時間はあるのか

通うのを決める前に自分にはジムに通う時間的余裕があるのか考えてみましょう。

ジムに行って受付を済ませ、着替えてトレーニングをして、お風呂に入る一連の流れで最低でも1~2時間くらいはかかります。

仕事で残業が多い人や休みが少ない人は厳しいかもしれません。

通う頻度にもよりますが、今までと同じ生活サイクルを維持しようとすると、思ったより他のことができなくてイライラします。

慣れると生活にメリハリが出ていいのですが、ジムに通う生活リズムに慣れるまでが大変です。

バランスを保つために私はテレビを見る時間を減らしました。

時間は有効に使いたいものですね。

目的は何なのか

ジムに行って自分は何をやりたいのか考えてみましょう。

マシンを中心にするのか、スタジオプログラムをやるのか、プールで泳ぎたいのか、全てバランスよくやりたいのかなどジムに行った時の自分を想像してみます。

私は仕事帰りにヨガやマシンを使いたいと思っていたので、夜にヨガのプログラムが多いジムを選びました。

スポーツジムによって設備やプログラムが違うので、何をやりたいか考えると自然と選ぶジムが決まってきます。

職場や家から近いか

3日坊主にならないように職場か家のどちらかに近いジムを選んだほうがいいと思います。

友達のOくんのようにジムに全く通わず月会費だけを払っているような状態では、すごくもったいないです。

ジムに行く時には荷物が結構かさばります。

通勤時に荷物が多くなるのが嫌なら家から近いジムを、休みの日にわざわざ行くのが面倒なら職場から近いジムを選ぶと便利です。

思ったよりお金がかかる

ジムに通うと思ったよりお金がかかることがわかりました。

もともと運動していた人は問題ありませんが、普段全く運動をしていないとスポーツウェアやスニーカーをそろえるところから始めないといけません。

月会費はもちろん、仕事帰りに行くと夜ご飯も必要です。

運動すると汗をかき、のどが渇くのでタオルや飲み物も必要ですし、お風呂に入る時のバスタオルも必要です。

細かいことですが洗濯の回数も増えます。

出費が増えるのが嫌な人にはジム通いをおすすめしません。

私は荷物が重たいのが嫌なのでロッカーとタオルを契約し、手ぶらでジムに行けるようにしました。

月会費の他にお金がかかるので、飲み物はタンブラーで持っていって、夜ご飯は終わってから家で食べるようにして出費のバランスをとっています。

自分がどのようにジムに通いたいかを考えてみるとベストなジムが選べると思います。

設備やプログラムの時間や内容、料金などトータルで考えて自分にぴったりのジムを見つけてくださいね。

こちらもどうぞ

札幌スポーツジム比較 フィットネスクラブライフステージ見学レビュー      

スポンサーリンク

シェアする

フォローする