札幌JRタワー展望台T38(タワー・スリーエイト)にのぼってみた 

シェアする

札幌に住んでいながら今までのぼったことがなかったJRタワーの展望室に行ってきました。

料金や景色などをレビューします。

スポンサーリンク

料金

  • 大人 720円
  • 中・高校生 500円
  • 小学生・幼児(4歳~)300円
  • 3歳以下 無料

前売券や年間パス、団体割引もあります。

60歳以上のシニアは100円割引、JRタワースクエアカードや札幌シネマフロンティアのレディースデーのチケットを持つ人は200円引きになります。

お誕生日当日は免許証や保険証など生年月日がわかる証明書を提示すれば無料になるのでお得です。

子どもの日や敬老の日は入場無料というキャンペーンをやっている時もあります。

詳しくはホームページからどうぞ

JRタワー展望室 入場料金

JRタワー展望室

一番高い場所が38階にあることからタワー・スリーエイトと名づけられたようです。

アクセス

ステラプレイスの無印良品の近くに入口があります。

右側に曲がってまっすぐ進みます。

券売機かインフォメーションカウンターで入場券を買います。

入場後の再入場はできません。

専用エレベーターに乗って展望室に向かいます。

エレベーター

直通なので38階のボタンしかありません。

札幌とパリの地図が壁にデザインされていました。

天井は方位磁石のようなデザインで方角がわかります。

1分くらいで到着です。

フロアマップ

4方向から景色が見られます。

ショップとカフェ、トイレがあります。

アート・展示

北海道出身のデザイナーやアーティストの作品がいくつか飾られています。

札幌のことについて学べる展示もありました。

コンサートも開かれるようでグランドピアノもありました。

景色・眺望

160mから見下ろした札幌の街並みです。

碁盤の目になっているのがよくわかります。

見る方向によって景色と天気が違うのが面白いです。

カフェ

札幌のカフェは土日になるといつも混んでいて満席だったりするのですが、このカフェはお客さんの数も少なめで穴場だと思いました。

ゆったりとした空気が流れていて心地よかったです。

ショップ

北海道に関するいろいろなグッズが売っていました。

オリジナルグッズもあってかわいかったです。

トイレ

ゴンドラ建築家の小林純子さんの設計で「圧倒的開放感」をコンセプトにしているそうですが、入らなかったのでどのくらい開放感があるのかわかりませんでした。

次回行くことがあれば入ってみようと思います。

日曜日に行ったのですが、イベントもなく空いていてゆっくり見ることができました。

のんびりしたい時に行くのがおすすめです。

札幌在住でも楽しめたので興味があればぜひ行ってみてくださいね。

こちらもどうぞ(妹のブログです)

札幌行くならここへ行け!札幌おでかけおすすめスポット5選

スポンサーリンク

シェアする

フォローする