村田沙耶香さん「コンビニ人間」感想 あらすじ・ネタバレ

シェアする

2016年のアメトーク読書芸人でおすすめされていた村田沙耶香さんの「コンビニ人間」を読みました。

ネタバレありです。

スポンサーリンク

あらすじ

36歳の古倉恵子は大学卒業後も就職せずにコンビニのバイトを18年続けている。

子どもの頃から変わり者で恋愛経験もなく、彼氏もいない恵子はコンビニのマニュアルに従うことで自分が初めて普通の人間らしく過ごせているように感じていた。

周りの人の真似をしたり妹からアドバイスをもらいながら普通の人のようにふるまっていた恵子だったが、歳をとるにつれて周りからの干渉が増え演じるのが限界に達しつつあった。

そんなある日、コンビニに新人男性の白羽がやってくる。

婚活目的で入った彼は女性客にストーカー行為をしてクビになったが、恵子は再会し、ひょんなことから奇妙な同居生活を始めることになった。

感想

文章が難しくなく2~3時間でサラっと読めました。

コンビニという小さな箱の中だけのお話なのに、最初から最後まで一貫して話を続けられるのがすごいと思いました。

私はコンビニで働いたことがありませんが思っている以上に大変な仕事なのだと思いました。

仕事の様子が細かく描かれていたので裏事情がわかった気がします。

一番驚いたのは恵子の行動と考え方です。

死んでいる小鳥を食べようと言ったり、けんかを止めるためにスコップで人の頭を殴るなどの考えは理解できませんでしたが、他人を意識して生きるなど、どこか自分に似ている部分もありました。

そんなトリッキーな考えの恵子ですが本人は悩むこともなく、自分を卑下することもなく生活しているのがうらやましいと思いました。

また白羽の「生きにくい世の中なので身を隠して生きていきたい」という気持ちもわからなくありません。

少し変わっているというだけで仲間外れになっていた人が私の同級生にもいました。

本当は変わっている部分を個性としてとらえるのがベストだと思うのですが、恵子や白羽の言動で「ちょっと変、普通じゃない」と思ってしまった私は社会に流されているのかもしれません。

どんな人も頑張って生きていると思うので変わっている人が生きやすい世の中になってほしいと思います。

物語の最後で自分の生きる道を見つけた恵子がイキイキしていたのが印象的でした。

自分の居場所を見つけられるのは幸せなことだと思います。

白羽にだまされなくて本当によかったです。

私も変わっていると言われることが多いのですが人にどう思われるかにとらわれず自分に正直に生きていきたいです。

こちらもどうぞ(妹のブログです)

アメトーーク!で紹介されていたコンビニ人間を読んでみた感想は正直言って面白くない 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする