平子理沙さん手作り化粧水の作り方とNowFoodsグリセリン

シェアする

以前の記事(基礎化粧品の適量とは?肌の水分量を上げる正しい付け方)で自分の化粧水の使用量が一般的な量よりだいぶ少ないことがわかりました。

たくさん使えて肌に優しい化粧水の情報を探していたところ、手作り化粧水の記事を見つけました。

手作りなら自分の肌の状態をみて作れるし、市販の化粧水よりも安くできるようなので早速作ってみることにしました。

一番気になったレシピは平子理沙さん愛用の手作り化粧水です。

こちらの美容本に掲載されています。

平子さんは手作り化粧水を10年以上愛用しているそうで、驚くほどモチモチの肌になれるそうです。

スポンサーリンク

平子理沙さん化粧水の材料と作り方

  • 精製水(100ml)
  • 尿素(小さじ1/2)
  • グリセリン(小さじ1)

容器に入れて尿素が溶けるまで混ぜます。

すぐ完成!とっても簡単です。

おすすめNowFoodsグリセリン

材料は全てドラッグストアなどに売っていますが、より平子さんの化粧水に近づけるためにオーガニックのグリセリンにしてみました。

平子さんが実際に使っているのが、このグリセリンです。

日本未発売なのでドラッグストアにはありませんがネットでは購入できます。

100%植物性のお肌に優しいグリセリンです。

長期保存も可能だそうで、開封後は冷蔵庫で保管しています。

グリセリンは量を多くするほど、しっとりとした仕上がりになります。

初めは少しずつ入れて自分に合う量を見つけるのがオススメです。

夏と冬で入れる量を調整するのも良いかもしれません。

使用した感じは思った以上にさっぱりしていたので私は大さじ1くらい入れてます。

一番初めに作った時は市販のグリセリンでしたがオーガニックはやっぱり素晴らしいです!

しっとり感が全然違います!

プチプラで簡単で量も濃度も自分好みに調整できる。

おまけに肌に優しくて、しっとりモチモチ。

材料を測ったり混ぜる手間も面倒な人には向かないかもしれませんが作ってみる価値はあります。

手作り化粧水は保存料や防腐剤などが含まれていないので一度作った化粧水はできるだけ早く使い切ることをオススメします。

冷蔵庫で1~2週間で使い切れば大丈夫だと思います。

みなさんもぜひ作ってみてくださいね。

こちらもどうぞ

ニベア青缶&ハトムギ化粧水 肌タイプ別のおすすめの使い方

スポンサーリンク

シェアする

フォローする