名探偵コナン「迷宮の十字路(クロスロード)」ネタバレ・感想

シェアする

4月7日放送の金曜ロードショー「名探偵コナン 迷宮の十字架(クロスロード)」を観ました。

歴代コナン映画の中でファン投票人気ナンバー1の作品です。

コナンと服部平次が力を合わせて事件を解決していきます。

ライバル同士の友情と絆を描いた物語です。

スポンサーリンク

あらすじ

東京、大阪、京都で5人の男たちが日本刀や弓矢で何者かに命を奪われた。

捜査の結果、被害者の5人は美術品の窃盗団「源氏蛍」のメンバーであることがわかり、犯人は義経記を持ち去っていた。

そんな中、小五郎は山能寺の僧侶から盗まれた仏像を探してほしいとの依頼を受けコナン達と京都に来ていた。

仏像を盗んだのは源氏蛍と推理したコナンは謎を解くために京都を巡っていた。

その道中にライバルの高校生探偵・服部平次と出会い捜査を共にすることになる。

鞍馬山で捜査をしていたところ何者かがバイクで現れ平次が弓矢で襲われた。

2人は急いで犯人を追いかけるがあと一歩のところで取り逃がしてしまう。

犯人は一体誰なのか、そして仏像は無事見つかるのか。

登場人物

ゲストキャラクターのみ紹介します。

円海

山能寺の住職。

仏像が盗まれたことにも動じない穏やかな性格。

コナンと平次が良いコンビであることを見抜いていた。

竜円

山能寺の僧侶。

仏像が盗まれたことを心配し小五郎に捜査を依頼した。

桜正造

義経記が好きな古美術商。

茶屋の納屋を物色中に何者かに命を奪われる。

水尾春太郎

義経記が好きな能役者。

竜円、西条、千賀鈴と仲が良い。

西条大河

義経記があまり好きではない古書店の店主。

お店の2階で一人暮らしをしている。

山倉多恵

茶屋「桜屋」の女将。

引ったくりにあったところを平次に助けられる。

千賀鈴を引き取り実の娘のように育ててきた。

千賀鈴

茶屋「桜屋」の舞妓で19歳。

父親を知らず5歳の時に母親が亡くなり山倉に育てられた。

弓道初心者によくある親指のケガを小五郎に見られ犯人と疑われた。

綾小路文麿

京都府警のキャリア組の警部。

公家出身で「おじゃる警部」と呼ばれている。

シマリスを飼っていて連れて歩くほど溺愛している。

感想

コナンより服部平次の活躍が光る映画でした。

剣道の達人である平次のアクションシーンは迫力があります。

犯人と仏像の謎を同時に解いていくので面白かったです。

弁慶と義経に関わるいろいろな名所が出てくるので旅番組を見ているような気分になり京都に行きたくなります。

ファンの中には聖地巡礼をしている人もいるようです。

平次と幼なじみの和葉、コナンから一時的に戻った新一と蘭の恋物語も描かれています。

京都にいる平次の初恋の相手を気にしている和葉がかわいかったです。

人気の作品なのでおすすめですよ。

こちらもどうぞ

名探偵コナン「ベイカー街(ストリート)の亡霊」ネタバレ・感想 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする