子宮頸がん検診結果 異型扁平上皮細胞の診断について

シェアする

前回健康診断で子宮がん検診に引っかかってから3か月が経ち、再検査を受けました。

その結果と3か月の間どのような生活を送ってきたかをおしらせします。

スポンサーリンク

改善するために行ったこと

中には正常な細胞に戻った人もいるという情報もあったので私も改善した人の生活を取り入れてみることにしました。

お風呂に毎日浸かる

一番改善したのは入浴です。

今までシャワーが多かったのですが、きちんと湯船に浸かることにしました。

最初は毎日お風呂をわかすのも面倒だと感じていましたが慣れるもので逆に湯船に浸からないと物足りなく感じるようになりました。

毎日浸かることで体の冷えが改善されて熟睡できるようになった気がします。

免疫力が高まると治る確率も高くなるので、このまま続けていきたいと思います。

疲れたら無理をしない

体調がすぐれない時は早めに休むようにしました。

無理をすると疲れがたまって免疫力が下がるので、できるだけ規則正しい生活を心がけました。

理想は夜の12時前に寝ることです。

やることが終わらない時は次の日に早起きして用事を済ませたりしていました。

検診の結果はASC-US・クラスⅡ

検診の1週間後くらいに結果が出ましたが前の検査から状況は変わっていませんでした。

この診断結果は陰性で「細胞が炎症を起こしている」という意味のようです。

悪化していないことを喜びつつ引き続き完治に向けて生活を改善していきたいと思います。

次回の検診は6か月後なので2017年の4月になります。

改善するために新たに始めること

お風呂に浸かることと疲れたら無理をしないことは継続することにして、さらに何ができるのか考えてみました。

ヨーグルトを食べる

免疫力を上げるためにヨーグルトを食べます。

いつも朝食に食べることにしています。

和食の時は食べないこともあるので毎日ではありませんが以前よりは食べる回数が増えました。

いつもバナナとチアシード、きなこ、はちみつを一緒に混ぜて食べています。

デザートみたいで美味しいです。

乳酸菌が腸に届くように一番最後に食べるのがこだわりです。

食べ始めてから便秘も改善されました。

絶対に治ると信じる

「病は気から」ってことわざもあるくらいなので、どういう心持ちでいるかは結構重要な気がします。

治ると信じるというより一切気にしないほうがいいのかもしれません。

できるだけ楽しいことを考えるようにしていきたいです。

よもぎ蒸しに行く

あるよもぎ蒸しのお店で「通うことで異常なしになった」という口コミをみました。

他にも「生理痛が軽くなった」など婦人科系のトラブルに効果があるようなので試しに一度行ってみようかと思います。

私は生理中は毎回鎮痛剤を飲んでいるので一緒に改善できればうれしいです。

体の中から温まると体質が改善されそうですね。

よもぎは漢方の成分も入っているのでより効果が期待できそうです。

ダイエットや不妊治療でよもぎ蒸しをする人もいるそうです。

女性にうれしい「温活」気になります。

お店に行った時には改めてレポートしたいと思います。

自宅でもできるようですね。

こちらもどうぞ

病気になりやすい人を精神から考える 健康診断の結果より 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする