こんまり流ときめく片付け術 片付けられない友人宅の引っ越し 

シェアする

部屋が片付けられない、物が捨てられないと悩んでる人はいませんか。

引っ越しは部屋を片付けるチャンスです。

スポンサーリンク

引越しの手伝い

昨日、友達Mちゃん宅の引越しの手伝いに行ってきました。

長年住んでいたせいか、家電やベッドの下のほこりが大変なことになっていました。

荷物の量もすごく多かったです。

他に手伝いに来ていた元引越し業者の知人も驚くほどの量でした。

前日にも荷物を運んでいたようですが、当日も3往復しました。

すぐ近所の引越しにも関わらず、荷物を運び終えるのに半日もかかりました。

引越しを終えて、やっぱり荷物の整理や管理は大事だなと思いました。

明らかに使っていないものもあり、活用できていない感じが見受けられました。

引越し前に荷物を必要なものと不要なものに分けて、処分してから引越したほうが時間の短縮にもなりますし、新しい家で心地良く暮らすことができると思います。

片付けられない人におすすめの本

数年前から「断捨離」や「ミニマリスト」(最小限のモノで暮らす人達)などの言葉をよく耳にします。

私は整理整頓が割と好きなほうなのですが、どのくらいの荷物が減るのか試してみたくなり実践しました。

参考にしたのは近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」です。

自分が好きなものだけを残し、短期間で一気に捨てて片付けるのですが、私が一番最初に実践したときは使わないものがゴミ袋10個分になりました。

一番多かったのは書類です。

思った以上に家にいらないものが隠れていました。

片付けが苦手な彼の家でも実践したのですが、着ていない洋服が大きい収納ケース4つ分になりました。

サイズの合わなくなった服もあり、衣替えの時などに定期的にチェックしたほうがいいと思いました。

本の中では物を処分する時は捨てることになっていましたが、私は捨てるのがもったいないという気持ちが強かったのでリサイクルショップを活用しました。

捨てることはときめかなかったんですよね。

不要なものをリサイクルショップに持っていけばスッキリするのはもちろん、お小遣いも稼げます。

売れなかったものはmixiなどを通じて人にあげたりしました。

詳しくはまた後日記事にしたいと思います。

いらない物を処分するのは時間も体力も使うし、大変なことも多いけれど、きれいになった時の達成感を味わうと楽しくて片付けもマメにするようになります。

年末も近くなってきたので、大掃除前に一度実践してみてはいかがでしょうか。

人生が変わるかもしれませんよ。

こちらもどうぞ

ミニマリスト佐々木さんの部屋がすごい!物を持たない暮らし

スポンサーリンク

シェアする

フォローする