豊平川花火大会2017 道新・UHB花火大会に行ってみた

シェアする

毎年に7月の最終日に行われる札幌・豊平川の花火大会にお友達のPちゃんと行ってきました。

今年は主催の北海道新聞社創業130周年、UHB創業45周年を記念した花火大会だったようです。

私が子供の頃は他にも朝日新聞や読売新聞主催の花火大会もあり7月は毎週のように花火が見られたものです。

今は2つの花火大会がなくなったかわりに真駒内とモエレ沼で花火大会が開かれるようになりました。

どちらも行ったことがないのでいつか行ってみたいです。

スポンサーリンク

開催日程・時間

2017年7月28日(金)19:40~20:30

オリジナル創作花火など約4,000発の花火が打ち上げられます。

雨天の場合

小雨は決行です。

天気が荒れた場合は8月4日(金)に延期で、その日も天気が悪ければ中止です。

この日の昼間は小雨が降っていて決行されるかどうか不安でした。

打ち上げ場所

豊平川の南大橋~幌平橋の間あたりで打ち上げられます。

この時期は毎年川岸のマンションに住んでいる人やホテルに泊まっている人がうらやましくなります。

行き方

札幌市営地下鉄南北線の幌平橋駅または中の島駅が近いです。

どちらも徒歩5分ほどで到着する距離ですが当日は人混みがすごいので河川敷に5分では着かないかもしれません。

会場周辺では交通整理も行っているので車では行かないほうがいいです。

穴場はどこ?

毎年どこで見ようか考えますが豊平川の花火大会初体験のPちゃんにどこで見たいか聞いてみました。

「そんなに近くなくても見えればいい」とのことだったので河川敷に行くのは止めました。

花火大会の雰囲気や臨場感を味わいたい人は河川敷がおすすめです。

私は河川敷で花火を見る時には虫よけスプレー、敷物、雨具、晩ご飯、飲み物、ひざかけなどを持って夜のピクニック気分で見ます。

今回はPちゃんのリクエストに応えて私のお気に入りのスポットで見ることにします。

南北線・中島公園駅の2番出口を出てすぐのところです。

左手にローソンがありますが横断歩道を渡らずに角で見るのがベストポジションです。

人の頭や電線があるので写真を取るには不向きな場所ですが割と近くで見えるのでおすすめです。

ただし低い花火はあまり見えません。

自分の前に背の高い人が来ると見えないこともあるので子ども連れの人にはおすすめしません。

普通の道路なので座ることもできませんが人混みを避けて気軽に見たい時におすすめです。

ラストの花火は盛大でとてもきれいです。

今年は風が弱くて煙で花火が隠れてしまうこともあり少し残念でした。

どうしても近くで見たいなら地下鉄東豊線の駅の沿線が割と空いているのでおすすめです。

5年くらい前に妹と豊平公園駅近くの河川敷で見ましたが歩けないほど道路が混んでいることもなく快適に見られました。

ただ駅からは徒歩20分くらいかかるので結構遠いです。

来年はそれぞれの彼氏や旦那さまと行こうと誓った私たちなのでした。

みなさんの来年以降の花火大会の参考になればうれしいです。

こちらもどうぞ(妹のブログです)

札幌行くならここへ行け!札幌おでかけおすすめスポット5選

スポンサーリンク

シェアする

フォローする